クレジットカードは審査の際何を見ているか

クレジットカードを作る際に、どうしても避けて通れないのが審査です。
審査に落ちてカードが作れなかった場合、なぜ通らなかったのか疑問ですしショックでもあります。
カード会社はどのような視点から私たちを見ているのでしょうか。
まずカード会社が重視しているのは、申込者にきちんとした返済能力があるのかという点です。
カードは使用した後に使った金額を引き落とされますが、お金がなくて引き落とせない場合にはカード会社が損をしてしまいます。
そのため、申込者の資力は重要なポイントになります。
その際にチェックするのは、職業や勤務先・雇用形態・年収などです。
カード発行を申し込むと会社に電話がかかってくることがありますが、それは会社に確実に在籍しているのか確認しているのです。
カードを発行してもらうなら、申込書に嘘を書かず正直に事実を書かなくてはなりません。
但し、専業主婦や学生でも配偶者や親に安定した収入があれば発行されるカードがあります。
その他には、過去のカード利用履歴などもチェックされます。
普段からきちんと支払いをする人は今後も遅れずに支払いや返済をしてくれるであろうという点で判断しているのです。
延滞などの事故があると、様々なカード会社や消費者金融の所属する信用情報機関に記録が載ってしまうため異なる会社からも断られてしまいます。
今後新しくカードを作る希望がある人は、現在の支払に関しても遅れないようにしましょう。
また、申し込んだ履歴も6か月間記録されているので、短い期間に多数のカードを申し込むと審査に通らない恐れがあります。
クレジットカードはショッピングや公共料金の支払いをする上でとても便利なツールです。
無事にカードが発行されるよう、計画的な利用と正直な申し込みをしましょう。